車のスマホスタンドはマグネット式の車載ホルダーがオススメ!

車のスマホスタンドはマグネット式の車載ホルダーがオススメ!

車のスマホスタンドはマグネット式の車載ホルダーがオススメ!

スマホやiPadなどのタブレットを、カーナビのモニター代わりに使ってる人は多いと思います。
スマホ・タブレットには、地図アプリや音楽アプリなど、快適なドライブを後押ししてくれる様々な機能があるので、カーナビよりも便利でお得ですよね♪
純正のカーナビでは情報が古くなっていても、地図アプリなら常に最新の状態で、最適な経路を教えてくれます。

そんな便利なスマホですが、車に乗った時の置き場所に困ったことはありませんか?

  • ドリンクホルダーに収納している
  • インパネやダッシュボードなどに無理やり立て掛けている
  • 車載ホルダーを使っているが端末の取り外しが手間

今回はそんな問題を簡単に、しかも格安で解決してくれる「マグネット式のスマホスタンド」を実際に購入し、使ってみましたので、レビューをご紹介します。

取り外しも簡単なマグネット式車載ホルダー

iPadやタブレットは車内に置きっぱなしの人もいるかと思いますが、スマホは常に持ち歩きますよね。
通勤などで車を日常的に利用する場合は特に、取付と取り外しが簡単な方が使い勝手が良いです。

アームや爪で固定するタイプのスマホスタンドもありますが、取付や取り外しがイマイチ面倒です。
そこで色々調べた結果、僕が購入したのは (情報収集時)楽天ランキング1位の「Smart Tap(スマートタップ)」と、amazonランキング1位の「mag-tek(マグテック)」の2商品です。
比較する為に2つ購入しました。
それでは、まず一つ目のスマートタップからレビューしていきます。

楽天の車載ホルダー・スタンドランキング部門第1位
スマートタップ(Smart Tap)

スマートタップは、エアコンの通風孔に設置するのに最適です。
ダッシュボード周りが曲面だらけで、マグネットを設置する平面が確保できない車に向いています。
エアコンの吹き出し口なら、運転席でも助手席でも、後部座席にでも装着できるので、用途によって使う場所を変更できるのも特徴です。
また、エアコンの吹き出し口への装着部分はラバーになっているので、滑り止めにもなり、内装を傷つけることも汚すこともありません。

スマートタップを実際に使ってみた

まずは開封から

購入したのはガンメタルブラックという色です。

車載スマホホルダー スマートタップ

同梱のセット内容は、以下の5つです。

  • スマートタップ本体×1個
  • 本体貼付用プレート(円形)×1枚
  • 本体貼付用保護シール(円形)×1枚
  • ケース貼付用プレート(楕円形)×1枚
  • ケース付用保護シール(楕円形)×1枚

車載スマホホルダー スマートタップ同梱物

プレートはスマホ本体か、スマホを保護しているケースに貼り付けます。
僕の場合、スマホがiPhone6、ケースはアップル純正のバンパーを使用しているのですが、バンパー側にプレートを貼るのはちょっと嫌だったので、スマホ側に貼ることにしました。

スマホにマグネットのプレートを装着

失敗したくなかったので、しばらくはマスキングテープで仮止めして使ってみて、普段使いに問題なさそうならちゃんと貼ろうと思い、こんな感じにしました。
(左側のバンパー背面に付いてるシールは、子供に貼られたトーマスのシールで、今回のものとは一切関係ありませんw)

マグネットとスマホをマスキングテープで一時的に仮止め

  1. バンパーを外し、iPhone本体に貼付用プレートを置き、上からテープを貼って固定。
  2. 再度バンパーを装着。
  3. iPhoneとスマートタップがくっつくか試してみる

スマートタップとiPhoneがくっつくか

スマートタップとiPhoneがくっつくか(別角度)

じゃーーーん!
ケース側に貼らなくても全然くっつくー(^^♪
反対向きにしても全然落ちそうにありません!

いよいよ車のエアコン吹き出し口にスマートタップを装着

吹き出し口に取り付ける部分の構造と詳細なサイズはこちらの画像をご覧ください。

スマートタップの取り付け部分のサイズ

エアコンの羽根(ルーバー)に装着するツメの開口は、結構硬めのバネで制御されています。

スマートタップ開口部

取付はホントに簡単で、1秒で装着可能です。

スマートタップを車内エアコンに装着

そしていよいよiPhoneをつけると・・・

スマートタップにiPhoneを装着

完成~(*^^)v

スマホの取り付け、取り外しも超簡単です!
どれくらい簡単かを動画でご紹介します↓

商品名どおりのスマートさです!
スマホが装着されていない時も全然邪魔にならず、デザインもシンプルで主張しないので、車内と同化したかのような一体感です。

試しにiPad miniを装着してみた!

メーカー公式の発表にもiPadは対象に含まれていないんですが、一応確認してみたところ、
iPad本体にマグネットを貼って、シリコンケースを装着した場合は、ズレ落ちてしまいました…
ですが、シリコンケースにマグネットを貼って直接マグネットとプレートをくっつけた場合は、磁力を遮るものがないので強力になり大丈夫でした。(保証はしませんが…)

スマートタップはすごくオススメな車載ホルダーです(^^)

amazonで5つ星の人気車載ホルダー
マグテック(mag-tek)

マグテックは、マグネットの台座となる部分をインパネなどにシールで貼り付けるタイプの車載ホルダーです。
エアコンの吹き出し口が特殊な形状の車や、スマホを設置しにくい場合にオススメです。
マグネットとスマホを支える部分が、これも強力なマグネットになっているので、スマホを360度回せるのはもちろん、前後に倒して角度を細かく調節できるのも特徴です。

マグテック(mag-tek)を実際に使ってみた

こちらも開封から

車載スマホホルダー マグテック(mag-tek)

同梱のセット内容は、以下4点。

  • メタルシート×1枚
  • マグネティックディスク×1個
  • ボールマウント×1個
  • ダッシュボード脱脂用シート×1枚

各パーツこのようなサイズです。

マグテック(mag-tek)の取り付け部分のサイズ

車のインパネやダッシュボード周りに設置面2.6cm四方を確保でき、尚且つそこにスマホを置いた時に見やすければOKです。
車内との設置面はこんな感じです。

マグテック(mag-tek)裏側の車との設置面

ダッシュボードにマグテック(mag-tek)を装着

マグテックはシールで貼るタイプなので、使い勝手を想定して良さそうな位置に取り付けます。

マグテック(mag-tek)を車内に取付

iPhoneをつけてみます。(iPadで撮影したら画質とサイズが悪いです…)

マグテック(mag-tek)でiPhoneを装着

横から見るとこんな感じ。

マグテック(mag-tek)でiPhoneを装着(別角度)

そしてマグテック(mag-tek)は、公式にもアナウンスされているとおり、iPad mini程度のタブレットなら装着可能です!

iPad miniをマグネットで取付

これはもうナビが必要ないですね!YouTubeなんかも大きな画面で楽しめるので、同乗者は嬉しいですね♪

※iPadケースに直接プレートを貼らないと、ズレ落ちるものもあります。写真のシリコンケースでは落ちました。

マグネット式の車載ホルダーの比較まとめ

スマートタップ(Smart Tap)

▽こんな方はスマートタップがオススメ
・ダッシュボード、インパネ周りに平面がない車
・エアコンの吹き出し口が丁度いい場所にある車
・エアコンの吹き出し口に装着するタイプなので、使わない時や邪魔な時は何度でも簡単に取り外しが可能

▽スマートタップのイマイチな点
・360度回転できるけど、前後の稼働領域はほぼない(充分見やすい)

マグテック(mag-tek)

▽こんな方はマグテックがオススメ
・磁石のパワーが強力なので、厚めのスマホカバーの内側に貼っても大丈夫
・エアコンの吹き出し口が特殊で装着できない車
・ダッシュボード、インパネ周りに平面がある車(2.6cm四方)
・球状の支点なので、より緻密で幅広く、柔軟な角度に対応
・タブレットもOK

▽マグテックのイマイチな点
・車とマグテックの接点となる部分がシールなので、何度も場所の移動をすると粘着力が落ちる。(シールは2枚同梱)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)