家庭用シュレッダーを購入したのでレビューします

アイリスオーヤマ シュレッダー P5GC

デジタル文書化が進む中、未だに大量のDMや手紙などの郵便物が届きます。
個人情報の漏えいだ!流出だ!なんだっちゅって、不要な書類を処分するのも迂闊にできないこのご時世。かと言って業務用のシュレッダーは大きいし価格もそれなりに高い。

ニーズあるところにビジネスチャンスありってことで100均あたりでは、はさみ型シュレッダーなんかも販売しています。ただ、大量の書類を一括で処分するには、労力と時間が掛かるんで不向きです。

今では家庭用のシュレッダーもかなり性能が上がってコンパクト。値段も低価格なものが多いので、この際買ってみるかとネット上で情報収集スタート。

僕が家庭用シュレッダーに求める条件

  • 電動
  • 低価格
  • ちょうどいいサイズ(大き過ぎたら邪魔、ちいさ過ぎるとゴミ捨てが頻繁で面倒)
  • 溜まった紙くずを捨てやすい
  • A4サイズの用紙対応
  • 複数枚同時に細断可能
  • クロスカット(ストライプ型だと不安)
  • 信頼できるブランド(すぐ壊れるのは嫌なので保証とか対応の面で)
  • インテリアに溶け込むシンプルでオシャレなデザイン(業務用の「おす!俺シュレッダー」みたいなのは嫌だ)
  • 静音性に優れている

と、かなりワガママなオーダーで色々比較、調査した結果、

アイリスオーヤマの家庭用シュレッダー P5GC』を購入しました。

アイリスオーヤマ シュレッダー P5GC

アイリスオーヤマ 家庭用シュレッダーの基本スペック

家庭用シュレッダー p5gc

色は、ホワイト・ベージュ・グレーの3パターンのカラーバリエーションが用意されています。

家庭用シュレッダー p5gc カラーバリエーション
僕はホワイト×ブラックのツートンカラーを購入しましたが白色は若干灰色に近いです。

次に、シュレッダーP5GCの仕様や寸法。

商品サイズ(cm) 幅約32.1×奥行約16.9×高さ約35
重量 約3.0kg
材質 ABS樹脂、ポリプロピレン、スチロール樹脂、スチール
電源 AC100V(50Hz/60Hz)
定格消費電力 155W
定格時間 3分(連続で使える時間)
投入幅 紙投入部220mm
投入厚 紙投入部2.5mm
カッターまでの距離 27mm
※投入厚部から刃先まで
定格細断枚数 A4コピー用紙5枚
安全装置 サーマルプロテクター、ダストボックススイッチ、温度ヒューズ
細断サイズ 約5×37mm
細断速度 約3.7m/分
コードの長さ 約1.4m
ダストボックス容量 8.9L
紙認識センサー スイッチ式

フタの黒い部分がシュレッダーになっていて、下の部分はプラスチックのゴミ箱です。

シュレッダー上部

シュレッダー下部

家庭用シュレッダーを半年間使ってみた感想

結論から言うと、アイリスオーヤマの家庭用シュレッダーはいい買い物でした!

故障とかはまったくなく、元気に稼働してくれてます。

個人情報を盗まれたり、人に見られる心配がなくなるのは当然安心できます。
サイズもちょうど良く、個人差はあると思いますが、僕の場合は2週間~1ヶ月ほどで、シュレッダー内に溜まった紙くずを捨てる感じです。
捨てる時も、フタのシュレッダー部分はプラスチックのゴミ箱の上に置いてあるだけなので、ひょいと持ち上げるだけで取り外せますし、メンテナンスもゴミ捨ても簡単です。
シュレッダーにかけた紙くずの大きさは、下の写真の通りなので、そこまで細かくはありません。心配性の方はもっと細かく細断できるシュレッダーを探したほうがいいかと思いますが、個人的には十分な許容範囲です。

シュレッダー中の音は少しうるさいですが、まぁシュレッダーなのである程度はしょうがないかなと。他のシュレッダーと比べれば静かな方だと思います。あとこれはきっとクロスカットのシュレッダー全般でそうだと思うんですが、溜まった紙くずを捨てる時に、刃に紙が詰まってます。こんな感じで。

シュレッダーに詰まった紙くず

別にこうなっていても詰まるわけじゃなくて、ほっといても次シュレッダーする時に、ゴミ箱へ流れるんですが、なんか気分的に取り除いてます。軽めに。

気になるお値段は・・・

通販番組みたいに引っ張っちゃいましたが・・・

電動シュレッダーですよ!

アイリスオーヤマですよ!

このスペックで、このオシャレさですよ皆さん!(ジャパネットたかた風に)

お値段、

¥3,105(税込、送料込)

これはお買い得でしょ??
コスパでシュレッダーを選ぶならダントツおすすめです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)